品質管理 Quality Management

安心と安全 Relieved & Safety

商品に安心と安全を添えて

安全とは何か、その安全に支えられた安心とはどんなものか、その価値を常に考えています。

私たちは、食品を通じて安心をお届けするために努力を続けます。

食中毒はもちろん、異物混入、誤表示、そのほか多くの危害がありますが、どれも許されるものではありません。だからこそ、その危害を排除するため、目に見えること・見えないこと、大きなこと・小さなこと、時間がかかることも必ずやりとげたいと思います。

商品に安心と安全を添えて

当社は、法令の遵守、徹底した衛生管理、適切な検証、従業員教育に裏づけされた安全品質の維持とシステム的な改善と運用のためにISO22000:2005S-HACCPを認証取得しております。

  • デリカセンター

    弁当・惣菜の製造における認証取得

    ISO22000S-HACCP

  • 食品センター

    精肉・鮮魚の調理加工における認証取得

    ISO22000

食品安全方針PDF(133KB)

ISO22000:2005

食品安全マネジメントシステムの国際規格として2005年に制定フードチェーンの各業種・各工程において「安全な製品の計画および 実現」のために、危害分析やHACCPプランの 作成、検証などを中心とした、PDCA運用 【計画(Plan)・実行(Do)・評価(Check)・改善 (Act)】のシステムです。

ISO22000:2005

S-HACCP

国際機関が推奨する食品衛生管理手法を、滋賀県版に仕立てたものが「S-HACCP(エス・ハサップ」です。

S-HACCP 詳しくはこちら

「滋賀県のS-HACCPのホームページ(外部)へリンクします。」